坂本眞一氏の「イノサン」

今回の記事では、日本の数ある漫画の中でも特に優れていると筆者が考える漫画を紹介していきます。

今回紹介するのは坂本眞一氏の「イノサン」です。

ストーリー

「イノサン」は革命前夜のフランスを舞台とした、処刑人の家系に生まれた兄妹を主人公にしかれらの生き方や当時の社会の中での葛藤や対立を描いた作品です。

みどころ

坂本眞一氏の圧倒的画力で描かれる耽美的な表現の数々は漫画を見慣れない人でも引き込まれるほどです。またこの漫画は単なる娯楽としての役割だけでなく、政治的・哲学的・ジェンダー的問いを投げかける有意義な作品となっています。当時のフランスの格差社会や差別・貧困をぼやかすことなく表現している点に注目です。